女性の加齢臭が増加

加齢臭は、中高年特有の体臭のことを言います。

青臭いような、脂臭いようなにおいは多くの人にとって不快なもので、特に中高年男性からにおうことから、オヤジ臭とも呼ばれるようになってしまいました。

しかし、加齢臭はあくまで中高年特有の体臭であって、男性だけのものではないのです。特に近年、生活習慣の変化などで、女性の加齢臭が増加している傾向にあります。

加齢臭の原因ノネナール

加齢臭のにおいの原因は体内で生成されるノネナールという成分で、主に男性では40歳代以降、女性では閉経後に分泌量が増えます。

ノネナールは皮脂腺内部の脂肪酸と過酸化物質が結びつくことで発生するため、その分泌量は皮脂の量と深く関係しています。

一般に、男性の方が皮脂の分泌量が多いため、加齢臭の臭いも強くなりがちで、自然とオヤジ臭と認識されるようになってしまったのです。

また、女性の場合はホルモンの影響で皮脂の酸化が抑制されるため、においがキツくなりづらいということも関係しているでしょう。

女性の加齢臭は「チーズ臭い」

女性の加齢臭は「チーズ臭い」と言われることが多く、他にも「化粧品が古くなったようなにおい」「脂のにおい」などと表現されます。また、においが強く出るところは男性と同様で、頭皮や耳の後ろ、首の後ろ、背中などが挙げられます。

女性の加齢臭を防止する方法

では、においを抑えるための対策はどうすればいいのでしょうか。

まず基本的なこととして、身体を清潔に保つことが挙げられます。皮脂の酸化がにおいの原因ですから、汗や皮脂をしっかりと洗い流し、常に身体を綺麗にしておくことが大切でしょう。

寝ている間の汗・皮脂分泌は多いため、朝軽くシャワーをあびるのも効果的です。

第二に、デオドラントグッズを利用する方法があります。

ドラッグストアなどで販売されていますが、中でもミョウバンを含むものが有効なようです。

そして、女性ホルモンのバランスを整えるというのも効果的です。

食生活の乱れや、喫煙、ストレスなどがホルモンバランスの乱れにつながるため、こうしたところから改善していき、規則正しい生活と栄養バランスの良い食事、ストレスを溜めないことなどに気を遣っていくのがよいでしょう。