疲労臭

疲労臭とは?

仕事で忙しい社会人はストレスや疲れによって身体から発せられる、「疲労臭」があります。

疲労臭とは汗の中にアンモニアが蓄積されて皮膚の表面から自然とガスとして出ます。

しかしなぜ疲れている時にアンモニアが皮膚から発せられるのでしょうか。

アンモニアは食べ物を身体に取り入れた時にタンパク質を分解したり、腸内細菌によって発生する物質です。この物質は身体にとって有害であるため、肝臓で解毒され身体の外へ排出します。

疲労臭の原因

健康な状態であればアンモニアの量は低く保たれますが、疲れやストレスが溜まった身体は肝機能が落ちるため、尿素として解毒するサイクルが乱れてしまった結果、アンモニアが上手く解毒できずに血液にアンモニア量が増えてしまうのです。

アンモニア量が増えると皮膚からアンモニアが排出するため、アンモニア臭となりこれが「疲労臭」になります。

疲労臭を予防するには?

疲労臭を予防するためには、肝機能を高めることが大切です。肝機能を高めるには食習慣や生活習慣をみなおすことが大切です。疲労臭を予防することのできる食品はいくつかあります。

オルニチンは肝機能を高めるだけでなく疲労を取る効果があります。オルニチンは特にシジミに含まれています。1日にオルニチンは400mgから800mg摂取する必要がありますが、シジミにたとえると相当な量になってしまいます。そのため1日分のオルニチンをしっかりと取るにはサプリメントで補うと良いでしょう。

疲労を抑えるのに有効な成分にはクエン酸があります。クエン酸は梅干や黒酢、柑橘類といった酸っぱい食べ物に多く含まれています。

疲労臭に改善の効果のある食べ物には、デトックス効果のある酵素が良いです。酵素はアンモニアなど身体に有害な毒素を除去し、免疫だけでなく高い自然治癒力の効果があります。

酵素は47度以上の加熱処理されている加工品でない、生野菜や生のフルーツに多く含まれています。ダイエットにも効果の高い酵素ドリンクは、酵素がたくさん詰まった飲み物です。