夏になると、汗のニオイや体臭が気になる人も出てきますが、もともと人間の体内から出る汗自体は無臭なのです。ニオイが発生するのは汗に繁殖した雑菌が放つニオイ分子が体臭の原因を作り出します。

たとえば人が裸になってサウナに入った時に汗をかきますが、その時には体臭は感じられません。また海水浴やプールに行って泳ぐために裸になっている人たちにも体臭は感じられないでしょう。

このことから汗臭さの原因はどこから来ているのかと言うと、汗が付着した衣類からということになります。衣類に付着した汗から雑菌が繁殖してニオイの元を作り出しています。

汗臭さを消す方法として昔から使われていた方法では他の香りを使うことでニオイを分からなくさせるという方法や、備長炭や竹炭などの消臭効果のあるものを使ってニオイを消す方法がありますが、最近になってからはイオン分解消臭という新しい消臭方法が登場したことで、強い汗臭さでも分子レベルで分解してニオイをゼロにしてしまうのです。

この効果が汗臭さを消す方法に使われさまざまな消臭スプレーが開発されてきました。

衣類に消臭スプレーをかけることで衣類に付着した汗のニオイが消えてしまうのです。この消臭スプレーはシャツなどの衣類はもちろん、スーツや靴下、靴などニオイを発生させるものに対して効果を発揮させます。

衣類ですが洗濯したあとでもその人の体臭が残っているという場合があります。

汗臭さの中には加齢臭も入ってるころがあり、このようなものは残留加齢臭であり良い香りの洗剤を使ったとしてもニオイが残ることもあり、なかなか臭いが取れません。洗ってもニオイが残っている衣類などの汗臭さを消す方法としては、加齢臭に効果のある柿渋が原料に使われている洗剤を使用してみると良いでしょう。柿渋が使われているものは洗剤だけではなく、身体を洗うための石けんやシャンプーなどもあるので、合わせて使うとより加齢臭を撃退する効果が得られます。