帽子

帽子は元々汗などが染みこむ上、あまり洗濯しませんので、臭いが付きやすいものです。

しかし、40代辺りから、臭いがきつくなったり、臭いの質が変わってきたりしていないでしょうか?

特に、ニット帽など深くかぶる帽子ではなおさらのことです。

 

頭皮の加齢臭は、意外にきつく、鼻に残ります。

帽子は洗濯頻度もすくないため、臭いもこもりやすくなってしまいます。

いくら身体をきれいにしても、帽子をかぶることで加齢臭が付いてしまう事もあります。

 

とはいっても、帽子は洗濯しにくいものがほとんどです。

素材によっては洗濯できないものもありますし、形状が崩れてしまうものもあります。

ですので、一度ついてしまった臭いは消臭するしかありません。

消臭剤や消臭スプレーで臭い対策を行いましょう。

また、携帯用の消臭スプレーを持つ習慣もつけたいものです。

気になった際にすぐ消臭できますし、間違って他人がかぶってしまった際、

「臭い」と言われてしまう危険もあります。