寝室

寝室が加齢臭で充満してしまうことはないでしょうか?

自分では気づかなくても、家族が入ると臭いと言われてしまうこともあります。

 

ワンルームの一人暮らしでは、家中が加齢臭で充満してしまうことがあります。

この状態では、家に人を呼べなくなってしまいます。

 

寝室や部屋の中で加齢臭が気になる場合、まずは枕を疑いましょう。

もし枕カバーをしばらく洗濯していないようなら、なるべく頻繁に交換する習慣をつけます。

 

掛け布団も臭いの温床になる部分です。

特に上部の顔に触れる部分は臭いが付着しています。

あまり洗濯しないものですので、布団の奥深くまで浸透してしまっている場合もあります。

できれば布団は2セットを交代で使うようにし、定期的に洗濯するように心掛けましょう。

 

また、最も重要なのは入浴です。

入浴せずにそのまま寝てしまう事がないでしょうか?

特に枕に触れる部分は、顔・耳の後ろ・頭皮など、加齢臭を発生しやすい部分が集中しています。

洗顔だけしても、耳や頭皮から枕や布団に皮脂が染みこみ、加齢臭の温床になってしまいます。

就寝前の入浴は必ず行いましょう。