加齢臭対策は、男性だけではなく女性にも必要となってきます。

 

女性についても、中年以降になると体から独特の臭いを放つようになってきますし、最近では中年の方だけではなく、20代といった若い方にまで加齢臭が発生しやすくなってるのです。

ストレスを減らす

 

まず加齢臭は、ストレスを感じることで起こりやすくなってきます。

 

仕事でイライラを感じやすい方はもちろん、家庭や交友関係が思い通りにならないストレスを感じている方は、その精神的なプレッシャーにより加齢臭も生じやすくなってしまうのです。

 

今現在強いストレスを感じている方は、ストレスがかからないように余裕を持った生活を心がけてみるとよいでしょう。

野菜中心の食生活

 

このストレスについては、食事を変えることでも対応することができます。

 

特に、野菜などのビタミン類が多く含まれている食材については、神経を安定させストレスを軽減させる効果がありますので、野菜不足の方は、積極的に摂取してみるとよいでしょう。

 

食事を野菜中心に変え、脂質の摂取を減らすことによって、ストレスを軽減できるだけではなく、加齢臭をより悪化させる脂の分泌も抑えられるようにもなってきます。

 

油分を過剰に摂取してしまうと、内臓で消化しきることができず、体外に排出されるようになってしまいます。

 

特に、脂分の分泌が活発な頭皮やおでこ、耳の後ろから、脂特有のすえた臭いが発生してしまいますので、油ものの摂取を抑える必要があるのです。

 

脂は、空気に触れることで急速に酸化しやすくなってしまうのですが、酸化が起こることで加齢臭もひどくなってしまいますので、女性で油ものが好きという方は、油分の摂取を抑える食事を心がけてみるとよいでしょう。

規則正しい生活でホルモンバランスを整える

 

さらに、女性の場合には、ホルモンのバランスによっても加齢臭が起こりやすくなってきます。

 

加齢やストレスにより、ホルモンのバランスが崩れやすくなると自覚されている方は、規則正しい生活を心がけることで、その原因解消に努めてみるとよいです。