BS BLACK ONE

体臭にも様々な種類がありますが、中年期以降になると加齢臭が気になってきます。

 

この臭いはノネナールという成分が影響しているといわれていますが、若い世代にはこうした成分はほとんどないと言われています。

 

加齢臭のにおいは古い油のようなにおい、ろうそくのロウのような臭いなど様々な表現がされますが、家族に指摘されたり、枕カバーについたにおいなどで気がつくことが多いものです。

 

そして、加齢臭はそれほど不快な臭いとまではいかなくても、年齢を感じさせることとなってしまいますので、できればこうしたにおいは取り除いていきたいものです。

 

加齢臭は耳の後ろあたりから発生するといわれていますが、そのほかにも顔のTゾーンのあたりや胸や背中など皮脂腺の多い部分からも発生しやすいとされています。

 

そして、加齢臭対策としては、食事を肉や脂分の多いものから、あっさりとした和食に切り替えることでも改善されやすいといわれていますので、脂っこい食事の好きな方は食事を見直してみるのも良いでしょう。

 

そして加齢臭対策としては、やはり清潔を保つことが大切です。

 

においの発生しやすい頭部や背中、胸元などは特に丁寧に洗っておきたいですし、シャワーだけで済ませるより湯船にゆっくりつかって汗を出し、老廃物を出すのも良い効果が期待できます。

 

そして体を洗う石鹸シャンプーにもこだわりたいものです。

 

一般的に販売されている石鹸では丁寧に洗っているつもりでもいまひとつ消臭効果が得られない場合もありますので、においが気になる場合はより消臭効果の高いものを選ぶと良いでしょう。

 

最近は加齢臭に対応した石鹸やボディソープ、さらにシャンプーなども様々な種類が販売されていますので、そうした商品を試してみるのもおすすめです。

 

こうした方法であれば、いつものように体を洗うだけですので、特別な手間もかからず、加齢臭対策することができます。

 

首や耳の後ろなどはもちろん、足のにおいなど全身の臭い対策にもなりますので、良い商品を見つけたいものです。