加齢臭はノネナールという物質が、皮膚表面に出てきてしまうことが原因となります。

皮膚についてる脂肪酸が空気に触れ酸化してしまうことで加齢臭が発生してしまうので、体の酸化を押さえることが重要になります。

 

そこで食べ物から体の酸化を助ける働きを目指すことが大切です。

食生活が海外に似てきてしまい、肉中心に偏っていることで、体内に脂肪分がたまりやすい状態になっている事を解消することで予防をすることが出来ます。

体の酸化を押さえるにはビタミンやミネラルと摂取することでたまっている脂肪分を循環させる働きを効果的に引き出すことが出来ます。

 

多く含まれているのが野菜や果物ですが、なかなか摂取しづらいのですが、和食中心にすることで、自然に加齢臭を予防が出来るようになります。

和食料には必ず登場する物が大豆です。

味噌汁や豆腐にも含まれており、その効果の中にイソフラボンがあり、加齢臭予防には欠かせない栄養となっています。

和食には欠かせない魚もお肉のかわりに主食にもなり、その食事に付いてくる薬味にも体内の血液や胃の消化を助ける栄養素が多く含まれており、臭いが強いものがありますが一時的なものですので、脂肪分を酸化させない為にオススメな食べ方になります。

またお茶にも茶カテキンという成分があり、予防に最適です。

お茶を飲む場合は、高価なものは必要なく、逆に一番安い4番茶を飲むことが大切です。

煎茶には旨味成分が多く含まれており、逆にカテキンが少なく予防には向いていないからです。

渋いお茶ほどカテキンが多く含まれているので、効果を狙うには渋い成分が多く含まれているお茶を選ぶのが最適です。

 

和食中心にすることで、脂肪分が多い食生活を脱却することが出来、加齢臭の元となる酸化を抑えることが出来ます。

また体に脂肪分を増やしやすくなる食品として、コーヒーやチョコレートなどがあげられます。

食べる場合は必ず量は少なくすることも臭いを押さえるには大切です。