毛穴の詰まり

加齢臭と脂性は密接な関係にあります。

皮脂は加齢臭を生成する原料になり、発生する媒体にもなります。

オヤジ臭い人は脂っぽい人が多い

この記事をご覧になっている方は、ご自分が加齢臭に悩んでいる方、もしくは加齢臭ではないかと思っている方ではないでしょうか?

おそらく30代後半から40代の方が多いと思います。

この年代の方が子供の頃は、まだ加齢臭という言葉がなかったと思います。

その頃は「オヤジ臭い」「おじさん臭い」という言葉で表現されていましたが、思い出すとこのような臭いがするおじさんは脂っぽい人が多かったような気がしないでしょうか?

加齢臭は、皮脂に含まれる脂肪酸が分解されることによって発生します。

皮脂が多いという事は、加齢臭の原料がたくさんあるという事になります。

ですので、脂性の方ほど加齢臭が強くなると言っていいでしょう。

手の臭い・枕の臭いも脂性が原因

また、皮脂は加齢臭を伝える媒体にもなってしまいます。

脂っぽい顔を手で触ると、手が臭くなってしまうことがよくあります。

これは皮脂が媒体として加齢臭を拡散してしまっているためです。

枕が臭くなるのも、顔の皮脂が枕カバーに浸透してしまう事が大きな要因です。

寝室が加齢臭臭くなる方もいるかもしれません。

これも枕などに染みこんだ皮脂から発生する加齢臭が部屋中に充満するために起こる現象です。

脂性でも若い頃は臭わなかったのはなぜ?

昔から脂性だったのに、若い頃は臭わなかったという方や、最近急に加齢臭の臭いがし始めたという方もいると思います。

これは、加齢臭の原因物質であるノネナールが加齢とともに増加するからなのです。

ノネナール発生のメカニズムはまだ研究中ではありますが、

加齢とともに抗酸化物質の量が減少するため、活性酸素の量が増加する事が分かっています。

活性酸素は脂肪酸を分解し、ノネナールなどの加齢臭原因物質を発生します。

ですので、脂性体質の方は、元々加齢臭になるリスクが大きかった上、加齢とともに増加する活性酸素によって

急激に加齢臭を発生するようになるのです。