加齢臭とはどんな臭いでしょうか?

これはなかなか難しい問題です。

ワキガや足の臭いなど、他の体臭と違い、加齢臭は身体のさまざまな部分から発生します。

そのため、発生する場所によっても臭いが違いますし、年齢や個人差によってもその臭いが変わってきます。

また、感じる人によってもその例え方が違いますので、「加齢臭は○○の臭い」とはなかなか言いにくいのです。

そこで、代表的な加齢臭の例えをまとめてみました。

チーズの臭い

チーズの臭い
チーズの臭い

最もよく例えられるのがチーズ系の臭いです。

「青チーズの臭い」「カマンベールチーズの臭い」「青くさいチーズの臭い」など、人によって例えは違いますが、大筋で指している臭いは同じものです。

このチーズ系の臭いは、耳の後ろや鼻の周り、顔のTゾーンなどから発生していることがほとんどです。

主に、古い皮脂が溜まってしまうことから発生します。

ですので、脂性の方で男性に多い傾向にあります。

産れつき耳赤が湿っぽい方に多いという特徴もあります。

このような方は、加齢臭専用の石鹸や洗顔料を使うと効果的です。

薬用の柿渋石鹸などでも効果があります。

また、皮脂の過剰分泌を抑えるため、サプリメントを服用するのも効果的です。

ロウソクの臭い

ロウソクの臭い
ロウソクの臭い

次によく例えられるのがロウソクの臭いです。

最近のロウソクはあまり臭いがしませんので、ピンとこない方も多いようですが、燃える際には独特の臭いがすることがあります。

誕生日にバースデーケーキのロウソクを吹き消したあと、独特の臭いを感じたことはないでしょうか?

あの臭いに似ている加齢臭があるのです。

このロウソクの臭いに例えられる加齢臭は、主に頭皮や首の後ろから発生するものです。

整髪料の臭いなどと混ざり合い、さらに悪臭を発生することがあります。

しかし、刺激性が少ないため、自分では気づきにくいという特徴もあり、やっかいな臭うでもあります。

ロウソク系の加齢臭がある方は、やはりシャンプーに気を付けるのが効果的です。

少々割高にはなりますが、加齢臭対策シャンプーを使うことをお勧めします。

古本の臭い

古本の臭い
古本の臭い

こちらもよく例えられるのが古本の臭いです。

「古い雑誌の臭い」「古新聞の臭い」やというようにも言われ、「古本屋の臭い」と例える人もいます。

古本系の臭いは、身体から直接発生している訳ではなく、身に着けている衣類や枕から発生していることがほとんどです。

また、臭いの発生源が長時間空気に触れることで、この古本の臭いに変化する場合が多いのです。

そのため、衣類では、まめに洗濯する肌着より、スーツや上着から発生しているケースが多い傾向にあります。

このような場合、洗濯時にひと工夫する必要があります。

加齢臭対策洗剤も発売されていますので、こちらを使うと簡単に効果を発揮します。

また、お出かけ前に消臭スプレーを忘れずに吹きかけましょう。

外出先でも使えるように携帯用の消臭スプレーを鞄に入れておくと便利です。

お父さんの臭い

お父さんの臭い
お父さんの臭い

特に男性に多いのが「お父さんの臭い」「親父の臭い」という例えです。

「最近親父の臭いがするようになってきた」と感じる方も多いのではないでしょうか?

これは臭いの原因や発生場所というより、加齢臭が発生してきているというバロメーターになります。

基本的に加齢臭の種類は遺伝する傾向がありますので、特に男性では父親と同質の臭いがします。

小さい頃感じたお父さんの臭いが、気付いたら自分から発生していてショックを受けるという事がよくあります。

早ければ30代前半から感じ始め、40代になると一段と強く感じるようになります。

このようなお父さんの臭いを感じたら、発生場所をご自分で特定し、適した加齢臭対策を早めに講じましょう。

おじいちゃん・おばあちゃんの臭い

おじいちゃん・おばあちゃんの臭い
おじいちゃん・おばあちゃんの臭い

こちらもお父さんの臭いと同じ傾向の臭いですが、更に進行した加齢臭と言えるでしょう。

この場合、特定の場所や原因というより、複合要素によって発生している加齢臭と考えられます。

加齢臭対策はもちろん、他の体臭対策も含めて根本的に改善していきましょう。

加齢臭対策シャンプー石鹸ボディーソープで身体を清潔に保つのはもちろん、

衣類も加齢臭対策洗剤を使い、いつも清潔に保ちましょう。

食生活も野菜を多めに摂取するように心掛け、サプリメントの併用すると効果的です。