日常生活の中で、悩みは誰にでもあると思いますが、特に体臭で悩んでいる方は多いはずです。

しかし、なぜ人間には体臭があるのでしょうか。

生きている限り、体臭は発生する

もともと汗は便や尿などの匂いが汗の匂いとともに発せられるようになります。つまり、人間として存在している限り誰でも体臭は出ているものなので、この世に生まれてから死ぬまで人間は体臭を発し続けるわけです。

国によって違う体臭

そして、この体臭には不思議なところがあります。海外に行くと特に感じられるのですが、我々日本人からすると外国の方の体臭は異様に匂うという点です。よく言われているのが、オーストラリア人はオージービーフの匂いがするとか、韓国人はキムチの匂いがするだとか、逆に海外の方に言わせると我々日本人は魚の匂いがするんだとか。

加齢とともに強くなる加齢臭

また加齢に伴い独特の臭いが強くなることがあり、これを一般的に加齢臭と称されますが、特に男性は年齢とともにこの加齢臭が強くなり、おやじ臭いと言われ女性からは敬遠されます。

そして、体臭の強さなどには個人差があり、それは、食生活にも大きく左右されることになるようです。例えば動物性たんぱく質・乳製品、極端に辛いもの、臭いの強い食べ物、その他、脂っこい食べ物はできるだけ控えた方が良いとされています。

体臭予防に効果のある食品

体臭予防の食べ物もいくつかあります。緑黄色野菜を中心にビタミンA、海藻類、パセリ、にんじん、かぼちゃなどのビタミンB2、うなぎ、レバー、たらこ、納豆などのビタミンE、小麦麦芽、植物油、種実類など、その他、腸内を中和させる食物繊維、乳酸菌、オリゴ糖などを摂るといいとされています。飲み物としては、水を大量に飲むことや、ココア、緑茶、黒酢を飲むことも良いとされています。

こういった、日頃からできることを少しづつ実践して、効果が出たものを継続していくことが何よりの予防になりますしエチケットにもつながることでしょう。

とにかく体から発する生理的な匂いは人間としてこの世に存在している以上切っても切れない存在なのです。