フェロモンと言う体臭について
フェロモンと言う体臭について

フェロモンと言うのは、異性を引き寄せる臭いであり、フェロモンを多く放出しているほど異性を引き寄せ魅力を感じさせることが出来るなどと言われています。

そもそもフェロモンと言うのは、人間を含むすべての生物が体内で分泌を行い、その分泌を体臭として放出し、その放出された臭いを自分とは異なる異性に対して放ち、一定の行動や発育の変化と言うものを促すためのものであると言います。 そのため、この体臭と言うものは、嫌な臭いではなく、むしろ良い臭いという事になるのです。

汗臭さと言うのは、不快感をもたらせてしまいますし、一般的に言われるオヤジ臭も同じように不快感を相手に対してもたらせてしまう事になります。 しかし、フェロモンの場合は、同じ体臭でも相手を心地よさを与える臭いであり、不快感と言うものが無いのが特徴なのです。

尚、この体臭には性的な物、道標的な物、集合的な物、そして警告的な物などがあると言います。 性的な物は、相手を引き寄せ交尾を可能な状態にするものであり、体臭を使って相手を引き寄せ、交尾を行う目的で放出される物となります。 これは、人間を含むすべての生物にみられる体臭と言えます。

道標的な物と言うのは、エサなどの有かを仲間に対して知らせるために臭いを残すと言うものです。 これは主に昆虫などにみられる体臭と言えます。

集合的な物と言うのは、交尾、越冬などを行う際に必要とされるもので、性的な物や道標的な物を含んでいるのが特徴です。

警告的な物と言うのは、外敵と言うものを仲間に知らせるための体臭であり、これにより仲間を危機などから救い出すための目的があるものなのです。

尚、これらは全てフェロモンであり、目的に応じて相手に何を知らせると言う理由で放出が行われると言う特徴があるわけです。 人間界においては、異性を引き寄せると言う目的で放出が行われ、誘いと言う目的で放出が行われると言う特徴が有ります。

尚、放出と言うものは自分の意思に関係なく、体内から分泌されると言う特徴があるのです。