スメルハラスメント
スメルハラスメント

嫌がらせを意味するハラスメントという言葉を聞いて何を思い浮かべるでしょうか。
性的嫌がらせを意味するセクハラを思い浮かべる人もいるでしょうし、職場における上司の権力行使による嫌がらせを意味するパワハラを思い浮かべる人もいるでしょう。
いわゆる。

体臭、口臭、腋臭に頭髪の臭い。
どんな人にもその人特有の体臭があって、常に何らかの体臭を周囲に振りまいているのです。
そして困ったことに、体臭の発生源である当人はその体臭に気づくことは困難であるのに対し、周囲の人は敏感に関知してしまいます。
つまり、本人にそのつもりがなくても、私たちは体臭を発生させて周囲の人々を困惑させ、苦痛を与えている可能性があるのです。これが「スメルハラスメント」なのです。

ここで、セクハラやパワハラがなぜ社会的に問題にされるのか改めて考えてみましょう。
セクハラやパワハラが問題なのは、当人が嫌がらせを行っているという加害意識を持っていないという点にありました。
とすれば、臭いに関しても同じことが言えるのではないでしょうか?
体臭を発生させている当人が、無自覚に周囲に対して嫌がらせを行っている状況。これはまさしくハラスメントに相当すると考えられます。
したがってこれからは、セクハラやパワハラ同様、臭いもハラスメントの原因になるという自覚が必要です。

しかもスメルハラスメントの加害者には女性も十分なり得る可能性があり、この点が男性が主な加害者であるセクハラやパワハラと大きく異なる点です。
と言うのも今では一般的な用語として定着した加齢臭も、そもそもは女性の体臭に対する研究から発見されたということが示唆しているように、女性も強い体臭を保持している場合があります。

スメルハラスメントは、体臭や加齢臭だけが原因ではありません。香水や化粧品・整髪料といったものの臭いでもスメルハラスメントになることがあります。

香水、化粧品といった女性向けの商品が発する香りに対して苦痛を感じる男性も多く、そのことに対し女性は無頓着な方が多いのです。

ですので、体臭や加齢臭を香水でカバーしようと思うのは逆効果です。

このようなスメルハラスメントを防止するには、まずは自分の体臭や加齢臭を自己診断することが重要です。そして、適切な対処を行い改善していきましょう。